アーカイブ ‘ 2016年 2月

株主優待始めました

先日の取締役会にて株主優待の導入を決定しました。

 

優待内容:
「レアジョブ英会話」キャッシュバックチケット上限 10,000 円分

(注)キャッシュバックの上限金額は、利用者様がご契約いただいております当社サービス「レアジョブ英会話」の1か月分の料金となります。ただし、ご契約プランが月額 10,000円を上回る場合において、差額分についてはキャッシュバックの対象外となります。

 

3月末の権利確定日に100株(1単元)以上保有されている方が対象となります。株主の方にもレアジョブ英会話を使っていただければ嬉しいなと。


Z会様と中高生のための英語商品開発を行っていきます!

中学1年から高校3年までずっと利用していたZ会。通信教育を6年ほど、高校2年からはお茶の水校舎の塾にも通っていた。通信教育のほうは、「諸葛亮孔明」というペンネームでランキングに載れるようがんばって〆切までに提出していた。でもだんだん途中から難易度がどんどん上がって、〆切に次第に遅れだした。。。質の高い説明と問題。レベルが高くてついていけなくなりそうな時も多々あったが、なんとかやってきた。

 

そんな思い出のある高品質な教育を提供するZ会様と業務提携することに!中学高校生向けの英語新商品開発、トップ校で使われている英語の教科書(NEW TREASURE)に準じたオンライン英会話レッスンの提供、Z会グループへのオンライン英会話レッスンの共同販売などを行っていきます。

 

これから中学・高校生は英語で4技能が必要になってくる。でもそのための有用な解決手段があまりない。だからこそ、Z会とレアジョブが組んで、その有用な解決策を提供していきます。

zkai Z会様と中高生のための英語商品開発を行っていきます!

 

学生時代にもっと英語やっておけばよかった、そんな声をよく聞く。それは大人になって英語の重要性を認識するから。英語学習は時間がかかるものなので、学生時代からきっちりやっておけば、早く上達する。これから大人になっていく中学生・高校生に最高の英語学習環境を用意し、英語を好きになってもらい、どんどん話せるようになってってもらう。そうすれば、10年後、日本はまた一つ変わっているだろう。レアジョブはそんな若者の未来を創っていきます。

 

こういったことを一緒にやっていきたい方、募集しています!いろんなポジションありますので、まずはお声がけください。
https://hr.rarejob.co.jp/


ユカイ工学のコミュニケーションロボットBOCCOを買ってみた

BOCCOっていうコミュニケーションロボットが我が家にやってきた。ロボットなんだけど、かわいらしい見た目。首は動くし、鼻は回せて音量調節ができる。

 

2016 02 12 22.44.53 768x1024 ユカイ工学のコミュニケーションロボットBOCCOを買ってみた

 

このBOCCO、一体どんなロボットなのか。開発したのは、高校の先輩である青木さん率いるユカイ工学。税抜29,000円とちょっとお高め。BOCCOはアプリから文字入力すると、その言葉をロボットが話してくれる。音声入力したらその音声をそのままロボットが出力する。ロボットのほうからアプリにも音声が送れるようになっていて、ロボットのボタンを押して話すと、アプリに送られる。

 

BOCCO(ボッコ) コミュニケーションロボット
 ユカイ工学のコミュニケーションロボットBOCCOを買ってみた

 

利用シーンとしては、子供が帰ってきたら、センサー(付属品)が反応して親の持っているスマホのアプリに状況が送信される。親は子供が帰ってきたことがわかるので、スマホからロボットにメッセージを送る。すると、ロボットでメッセージが流れる。また、子供がロボットからメッセージを送る。そんな感じで利用できる。イメージビデオがこちら。

 

ユカイ工学のBOCCO紹介ビデオ

 

他にも利用方法がある。アプリのmyThingsを利用すると、BOCCOアプリにメッセージを送ることができて、例えば毎朝7時にその日の天気予報を送信して、しゃべらせるということができる。実際に設定して、話している様子がこちら。

 

 

毎朝7時にその日の天気予報が流れるように設定したので、目覚まし代わりにもなる。ちょっと生活が便利になった。

 
このロボット、英語を話させるとどうなるか。試してみた。今日はバレンタインデーなので、
Happy Valentine’s Day!!
と送ってみた。すると、、、

 

 

どうやら英語はまだ苦手なようだ。


すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

先日会食で行ったすき焼き屋のたまごに感動した。そこでは、おかみさんが、お箸で卵の白身だけをかき混ぜて泡泡にして出してくれる。肉はその泡泡につけて食べて、あとで黄身も混ぜていろんな味わいができる。

 
そこでは、おかみさんが、丁寧に一つずつお箸で白身だけをかき混ぜ作っていた。一つにつき2,3分かかっていたかな。すごいなぁ、と思ったので自宅でも同じようにやってみた。が、全然うまくいかない。できない。何度やっても失敗する。ならば、と知恵を使うことにした。ミキサーを使えば簡単にできるはず。というわけで作り方。

 

まずは卵を割って、黄身とと白身に分ける。

2016 02 13 20.35.07 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

2016 02 13 20.36.34 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

2016 02 13 20.36.44 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

 

白身だけをミキサーでがぁっと混ぜる。

 

2016 02 13 20.37.39 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

2016 02 13 20.37.55 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

 

30秒程度混ぜればこんな感じになる。

 

2016 02 13 20.39.03 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

2016 02 13 20.39.36 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

 

あとは分けてあった黄身を入れて出来上がり。

 

2016 02 13 20.39.51 1024x768 すき焼きが3倍おいしくなるたまごの作り方

 

ふわふわでクリーミーな泡でお肉を楽しみつつ、あとから黄身を絡ませる。普通のたまごとは違うので、高級感ある雰囲気でおいしいすき焼きにしたいときには、オススメ。


MVNOに乗り換えてみたら月額5,000円近く安くなった

この2月で2年契約の解除月になったので、これを機にMNPでMVNOに乗り換えた。乗り換え候補のMVNOは色々ある。楽天モバイルmineoUQ mobileなどなど。

 

自分は、家では無線を使うので、データ容量は3GBくらいあれば大丈夫。通話+データのSIMが必要で、テザリングはたまにする程度。電話はほとんどしないし、したとしてもSkypeとかLineとか。そんな条件で見てみると、だいたいどのMVNOでも1,600円程度。そこで、キャンペーンをやっていて3ヶ月間割引があり、さらに解約手数料がかからないmineoのを選んでみた。


 MVNOに乗り換えてみたら月額5,000円近く安くなった

 

まずは、ドコモのサイトにいって、MNPの手続き。色々引き留め工作はあるもののそれをかいくぐってMNP予約番号をゲット。その後、mineoにて申し込み。ちなみに、そこではエントリーコードを入れると初期手数料3,000円を無料にしてくれる。このエントリーコード、↓のAmazonにて約1,000円で買える。だから、これを買えば2,000円安くできる。

 MVNOに乗り換えてみたら月額5,000円近く安くなった

 

サイトに書いてある通りにクレジットカードや免許証などをアップロード、MNP予約番号を入れて終了。あとはSIMカードが届くのを待つ。待つこと3日でSIMカードが届いた。あとは、mineoのサイトで契約変更手続きをして、SIMカードを入れ替えてAPN設定して終了。これで使えるようになった。

 

ちなみに、友人紹介キャンペーンも行われていて、ここから入れば、Amazonギフト券1,000円ももらえるという。こんな感じでやっていくと、かなり安くmineoに乗り換えることができる。月額費用は、いままでのドコモでの月額利用料5,900円から1,600円になって4,300円も安くなった。消費税分も入れると、4,600円も安くなる。これはドコモが月額費用に端末販売奨励金を乗っけたりしていることが大きい。ただ、それを差し引いても圧倒的に安くなる。

 

こんなに価格の違いを感じてしまうと、MVNOを選ばない理由が見つからない。2年契約があって残っている人は多いだろうが、違約金を払ってでもうつったほうが安い人も多いはずだ。

 

では、実際に使ってみてどうなのか。速度に関しては何の問題もない。容量オーバーすると通信速度は200kbpsに制限されるが、その200kbpsで利用してみても(速度制限した利用では利用可能容量が減らない)多少速度は遅くなるものの問題なく利用できる、フィリピンよりもずっと快適。

一番気になっていたのは、Edy, Suica, iDとかの機能。Edy, Suicaに関しては、特に手続きなしでそのまま自分の端末(SC-04E)で継続利用できた。ただ、iDだけはspmodeを経由する必要があるためか、利用できなかった。テザリングは自分の端末の場合、色々adbで試してみてもうまくいかない。どうやらAndroid 5.0になってからちょっと仕様が変わって、要rootなようす。rootでいじるか、Easytetherとかを入れるかが解なようだ。

 

ちゃんと考え、なんか面倒くさそうと思うことを実行できる人はMVNOを利用して得をして、なんとなく流されて使っているという感じで考えない人は損をしていく、そんな傾向がより強くなっていきそうだ。

 

例)iPhone6s 128GB、容量3GB、電話はほとんどしない場合:
ドコモだと、頭金なしで9,720円/月で2年間。3年目からは7,560円程度。
MVNOだと、Appleで割賦販売したとして、頭金なしで6,500円/月で2年間。3年目からは1,600円。
3年使うと、約15万円の差。平均すると年間5万円の差。大きい。


瞬間英文法をリリース!

15万DLを突破した瞬間英単語に続き、iOSアプリ瞬間英文法をリリースしました!

 
中学英文法総復習 パターンで覚える 瞬間英文法

 

今回は中学英文法を総復習する、というもの。なので、ある程度文法ができる人にとっては簡単な問題。だけど、一から復習してみっちり覚えていきたい人には最適。be動詞〜現在完了まであって、何度も反復練習をして覚えていこう!

 

IMG 2260 576x1024 瞬間英文法をリリース!


return top